益城町再び そして頼れるパートナー

益城町にて音語り「あらしのよるに」の公演です。
大人と子供のための読みきかせの会で昨年夏に公演して以来の訪問です。
公演前に熊本城に立ち寄りました。
数週間前にしゃちほこが設置されたそうですが、まだまだこんな状態です。
完全復興に20年の時間を要するとのこと、この土台部分を見る限りそれもうなずけます。

f0346597_11295241.jpeg

さて「あらしのよるに」(講談社)ももう12年の歳月にわたりジャズピアニストの松本峰明さんとあちこちで公演してきました。
峰明さんも私にとって頼れるミュージシャンのお一人です。どんな作品も実に私に気持ちよく朗読をさせてくださる魔法のような音を奏でてくれるパートナー。益城町のこのホールのピアノ、スタインウェイ、かなりの音色で最高だそうです。

f0346597_11301674.jpeg

天敵のヤギ、メイととオオカミのガブの間に不思議な友情が生まれる、きむらゆういちさんのベストセラー「あらしのよるに」。
映画になり、歌舞伎になり、朗読劇になりさまざまな形で読み続けられています。

益城町のみなさん、今日はジャズと一緒にどうぞお楽しみ下さいね。

# by nakai_otf | 2018-05-27 11:07

咲いた咲いた

アムステルダムの空港で長女に買ってきてもらったチューリップの球根。
「え、球根買ってきてってお母さん言うと思わなかった」と意外そうな彼女。
なんか、最近お花好きです。
Plant now と箱にあったので先月植えてみました。
f0346597_16290651.jpeg

今年はすべての花が一緒に咲いてあっという間に散ってしまった感じ。

f0346597_16311070.jpeg


ゆっくりと芽を伸ばし花が見え、

f0346597_16320700.jpeg

あ!ピンクの予感。
残りの23個には何色があるのか楽しみ。
チューリップは着実に開花中です。

f0346597_16331963.jpeg

# by nakai_otf | 2018-04-13 16:26

老舗の味

久しぶりに田園調布の老舗の「醍醐」の蒸し寿司を食べました。蒸し寿司は京都の冬の風物詩と呼ばれたり、箱ずしと並び大阪寿司のひとつとされていたりもします。醍醐は大阪寿司のお店。箱寿司もとても美味しいのですが、チラシ寿司を蒸して温かいのをいただくこの蒸し寿司も絶品であります。

f0346597_20211551.jpeg

そしてもう一つ。
今日どうしても食べたかった上野の翁庵で蕎麦を食べました。
古今亭志ん朝さんの愛した店「翁庵」。
おつゆは濃い味で、蕎麦はきりっと引き締まり
うーん旨し。

f0346597_20261205.jpeg

もりそば、親子丼、とろろ蕎麦、全て美味。
帰りにアメ横に久しぶりに行ったらまさに「外国」でした!

たまにはこんな老舗の味を楽しむのもいいなぁ。

# by nakai_otf | 2018-03-24 20:03

与 勇輝展

大好きな与勇輝さんの展覧会が銀座松屋でひらかれています。
あのお馴染みのお人形展です。
考えてみると与さんとも長いお付き合いです。
母の大親友のAさんの中学時代の同級生で、そんなことから与さんのお人形を知りました。
まだ今のようにみなさんにこのお人形が浸透する前のことです。
当時赤ん坊だった長女をつれて与さんにお会いしたら「あんよ、さわらせて」といって赤ん坊の足をなでてくれました。
「こうやって触らせてもらって感触を確かめて作るんだよ。公園で遊んでる子供たちもじーっと遠巻きに観察する。仕草を見るためにね。でもね、不審者に間違われることもあるんだよ!」とこんなエピソードを話してくれました。
母が亡くなったとき、「これ、おっかさん(与さんは母をこう呼びます)のイメージ」といって母のぶつにこの少年を持ってきてくれました。
優しそうな可愛い男の子です。

f0346597_20503456.jpeg

与さんの作るお人形にはなぜか見る人がみんな自分の幼かったころの自分を重ね合わせるのではないでしょうか。
こんな風景があった、こんな風に生きていた、
たくさんの懐かしい時間が溢れています。
心揺さぶる人形展に是非みなさんも!
4月10日まで銀座松屋8階にて開催中。



# by nakai_otf | 2018-03-23 20:25
Copyright © Nakai kie. All rights reserved. This site was designed and coded by On the Field Inc.