20周年色々

今年「大人と子供のための読みきかせの会」は
活動を始めて20年になります。

7月6日には荏原スクエアにて20周年記念公演を計画しています。
この公演で新作「花咲じいさん」を発表します。
文 中井貴恵、絵 平野知代子、音楽 荒井泰子
という既存の絵本なしの「花咲じいさん」です。

子供たちから「昔話を聞きたい」という声をもらい制作することにしました。
我々の読み聞かせは朗読と音楽と大型絵本で成り立っていますが、
新作の制作はそれぞれ個別に行いある一定まで出来上がったときに
3パートがすり合わせる閲覧会と相なります。


f0346597_08381890.jpeg


絵本の基本はこんな形になりました。
そしてテーマ曲もついこの間完成。

月末にはお話と音楽と絵本をあわせてみます。
「作る」過程はたくさん大変なことがありますが、これが一番楽しい作業。
さぁ頑張るぞ!


# by nakai_otf | 2019-02-19 08:04

勇ちゃん!

17日古石場文化センターで音語り「麦秋」を上演しました。
この公演にこの「麦秋」で間宮勇役(子役)を演じられた城澤勇夫さんが会場に来てくださいました!
小津映画に登場する子役の男の子は大抵役名が「実」と「勇」。城澤さんは初代「勇」でこの「麦秋」だけ出演しておられます。
映画がではいたずらっ子で、日頃「やってはいけない」と大人に言われていることをたくさん映画の中でやらせてもらったそうです。
耳の遠いおじいさんの横で聞こえないことをいいことに「バーカ」と言ったり、かんしゃくをおこして食べ物である食パンを足で蹴ったり。思い切りパンを足で蹴ったら食パンがうまく割れてそれを小津監督にほめられたのだそうです。子供心に、それが演技とはいえとても小気味好く楽しかったとおはなしくださいました。


f0346597_10103065.jpeg

城澤さん、貴重なおはなしありがとうございました。
またご来場くださった皆様ありがとうございました。「麦秋」なかなか奥の深い作品と改めて実感しました。

# by nakai_otf | 2018-11-20 08:22

「ハンナとシュガー」発売!

中井貴恵の久々の翻訳絵本が15日に発売になります。早い所は明日から書店に並ぶようです。


アメリカの作家ケイト・べアビーのデビュー作「ハンナとシュガー」(イマジネイション・プラス刊)です。


ハンナは毎日スクールバスのバス停で会うバイオレットのおうちの犬、シュガーがちょっと苦手。バイオレットのママに「ハンナはシュガーと遊ばないの?」と毎日言われるのですが、いつもハンナは「ううん」と首を横に振ります。


そんなある日、シュガーがいなくなってしまいました。


ハンナはみんなと一緒にシュガーのことを探し始めるのですが・・・。




ケイト・ベアビーは実際にシュガーという犬(シェパード)を飼っていました。絵本のシュガーはおそらく彼女のこの犬がモデルだと思われます。ところがこの絵本のシュガー。実は中井家のフラットコーテッドレトリバーのおもちにそっくりなんです。


そこでおもちにも宣伝に一役かってでてもらいました。


あははは、奇跡のツーショット!


みなさん、是非お読みください。


f0346597_06172953.jpeg


# by nakai_otf | 2018-11-14 06:19

大人絵本の朗読会 イン 豊橋

昨日、大人絵本の朗読会「ピアノ調律師」、初めての地方公演が終わりました。
穂の国とよはし芸術劇場、とても良いホールで
ピアノの響きがよく、朗読と石塚まみさんの歌、ピアノをみなさんに楽しんでいただきました。
開催してくださったたつおクリニックのたつお先生はじめお手伝いくださったみなさま、ありがとうございました。


f0346597_14464664.jpeg

# by nakai_otf | 2018-11-11 14:30
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Copyright © Nakai kie. All rights reserved. This site was designed and coded by On the Field Inc.