行きます!札幌

北海道での大地震。まずは道民の皆様に心からお見舞い申し上げます。


私は1989年から7年間札幌に住んでいたので、まさに第二のふるさと。二人の子供たちも札幌で生まれました。

大型絵本を使った読みきかせの会の公演も何度か北海道の各地で行なってきましたし、この大地震は他人事ではありません。友人知人もたくさん居り、すぐにみなの無事を確認しましたが、予期せぬブラックアウトは本当に大変なようでした。

みなさんよく頑張りましたね。

ようやく今朝、函館の一部から「電気開通」の連絡をもらいました。


水道をひねれば水がでて、スイッチを押せば電気がつくという当たり前を奪われると、なんと人間はもろいものかと思ってしまいます。


この地震は台風のあとという悪条件でしたが、まだ真冬でなかったことは救いだったかもしれません。暖房器具が使えない一夜を思うと、もっともっと大変だったかもしれません。


これからいつもの日常が戻るまでまだまだ時間はかかると思いますが、どうぞみなさん頑張ってください。


来週15日に札幌六花亭のふきのとうホールで「音語り 東京物語」の公演を予定しています。予定通り伺えるかどうか心配していましたが、六花亭の担当の方から「やります!ホールも点検しました。大丈夫です」との連絡を昨日いただきました。15日は予定通り札幌に伺えるようです。

皆様にお会いできるのを楽しみにしています。


# by nakai_otf | 2018-09-08 12:20

審査終了

暑い夏がまだ続いています。
少しだけ風が変わったかなと思うものの、あ、錯覚かもなんて思うほどまだ暑いですね。
さて、毎夏八月は童話賞の審査に加わっています。
2007年から審査員に加わりはや10年を過ぎました。当時はJOMO童話賞。現在はJXTG童話賞です。「一般の部」「中学生の部」「小学生の部」、どれも「心のふれあい」をテーマにした童話を募集し最優秀作品以下各賞を決める審査です。
西本鶏介先生、立原えりか先生、角野栄子先生、宮西達也先生、薫久美子先生といったメンバーが審査員です。
とにかく一万を超える作品から、一次選考を経てこの審査になるのですが、八月前半はこの10数年たくさんの童話に触れるというわけです。
さて、今年審査はちょっと難航しましたが、ようやく受賞作品が決まりました。
私はこの作品を11月に行われる表彰式で朗読するので、審査が終わってからがまた一仕事。でも小学生、中学生、一般とそれぞれの年齢が反映した作品の朗読はなかなか面白いものです。
西本鶏介先生から審査が終わり一言。
「20代、30代の若い人たちからの応募が少ないのが残念」とのこと。
若い人たち、童話を書いてみませんか?

この日、角野栄子先生のだーいすきな「いろはにほほほ」にサインを書いていただきました。

f0346597_16023126.jpeg

絵本にサインをいただく時はかならず「きえちゃんへ」と書いていただいています。いつまでも子供の気持ちで読みたいから!

f0346597_16015226.jpeg

この本めちゃめちゃ可愛くて面白いですよ。絵も角野先生が描かれていて、言葉の語呂合わせがなんとも軽妙。愉快な一冊です。

f0346597_16030309.jpeg
f0346597_16032787.jpeg

# by nakai_otf | 2018-08-25 08:25

おとな絵本の朗読会VoL2

26日の朗読会にはたくさんの皆さまにご参加いただきありがとうございました。
前回に引き続き、「ピアノ調律師」の再演、そして私が20年温め続けた「パパのカノジョは」を初めてみなさんに聞いていただきました。
ピアニスト石塚まみさんの歌あり演奏あり、美味しいお食事とお酒、ゆったりとくつろげるダイニングでの公演となりました。

f0346597_16211184.jpeg


「ピアノ調律師」の原作タイトル Two piano tuners というネーミングの一夜限りのカクテルも作っていただき、また帰りに絵本の売り場にたくさんのおとなのみなさんが集まり絵本を手にしてくださいました。
昨年12月に77歳のご自身のお誕生日に亡くなった「ピアノ調律師」の作者ゴフスタインさんに捧げるステージになったなら、まみちゃんも私もとても嬉しいです。

f0346597_16145593.jpeg


ゴフスタインの作品はもう増えることはありませんが、彼女が残したステキな作品を読み伝えていくことはできるかなと思っています。
ご参加いただきましたみなさん、ありがとうございました。

f0346597_16164633.jpeg


# by nakai_otf | 2018-06-28 16:03

素晴らしい93歳

先週の日曜に山内静夫さんの93歳のお祝いの会がありました。
鎌倉のイタリアンで、この時は松竹映画の関係の方のお集まりでした。
山内さん、85歳からわたしと一緒に「小津安二郎監督の映画を聞く」と題したシリーズ6作品の朗読脚本を手掛けていただいた、元小津組のプロジューサー。
「この仕事があったから長生きできたよ」とおっしゃってくださいましたが、一本きりで終わる予定で始めたものが、6作品になり来年は10周年です。

f0346597_19221298.jpeg

この日は二次会で山内家で日本酒一升瓶を開け乾杯。
93歳になった今もこんなことができるなんて、まさに夢のよう。
ちなみに奥様の愛子さんも同じ年。
会の終わり頃に「まだ、なんか死ぬ気がしないよ」と!
そうです。いつまでもいつまでもお元気でいらしてくださいね。

f0346597_19224864.jpeg


# by nakai_otf | 2018-06-20 17:06
Copyright © Nakai kie. All rights reserved. This site was designed and coded by On the Field Inc.