『ふたりのバナナ』

『ふたりのバナナ』(ブレア・ソーンバーグ作 イマジネイションプラス刊)
翻訳完成間近となりました。

この絵本の絵を担当しているのがケイト・ベアビーで
これまでに私が翻訳をしてきた『ハンナとシュガー』
『メイがはじめてがっこうへいくひ』の作者です。

今回の作品、ストーリーもさることながら
ケイトの絵がほんとに可愛いです。

物語は毎年行われる学校の「劇」。
クラス全員の生徒に役とセリフがあるのですが、
今年は一人生徒が多くどうしても
二人でやらなくちゃならない役ができてしまいました。

それがバナナ。
なぜなら衣装が二つあるのはバナナだけだから。
でも主人公はバナナを自分ひとりで演じたいのです。

さて、どうなるこの物語!

原作のタイトルは『Second Banana 』。
これをなんと訳すかさんざん悩みましたが、
『ふたりのバナナ』に決定しました。

10月末には店頭に並ぶ予定です。
また、オンラインショップでもご案内できるかと思います。
もうしばらくお待ちください!
『ふたりのバナナ』_f0346597_15033390.jpg

by nakai_otf | 2021-08-31 15:03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
Copyright © Nakai kie. All rights reserved. This site was designed and coded by On the Field Inc.