弔う気持ち

母が亡くなりあっという間に一年が過ぎました。
たくさんの方からご供物ご供花を賜り、ほんとに感激しています。
みなさんバーバのことを思い出してくださりありがとう。これが素直な気持ちです。
母は、晩年歯が悪くなり柔らかいものばかり食べていました。中でも大好きだったのがお寿司。
よく伺っていたお寿司屋さんから、一周忌から少し経ってしまったけどと、今日こんなお寿司をいただきました。

f0346597_22195093.jpg

そう!すべてミニサイズのお寿司なんです。
しかもこのお皿にのっているものは、最後までバーバが大好きで頼んでいたもの。
中トロ、あなご、卵、茶碗蒸し、ナスの丸焼き。よくぞ覚えていてくださった!そしてそれは=バーバの歯でも嚙めて飲み込めるもの=そしてそれは彼女の生きる力でした。
最後の入院のとき病床で、「ねぇ、バーバって食べるもので何が1番好き?」と私が
きいたことがありました。
そしたら少し考えて「お寿司かなぁ」と言いました。
やっぱりお寿司大好きななんですね。
きっと喜んでいることと思います。

バーバのことを思い出してくださったみなさま、ほんとにありがとうございました。

母を失った一年は、まさにあっという間の一年でした。


# by nakai_otf | 2017-03-17 22:05

311

あっという間に東日本大震災から6年。
戦争の経験がない我々の世代にとって、自らの人生で体験した1番の出来事。
「忘れないでいること」と肝に銘じ過ごした6年はあまりにあっという間でした。
昨日は友人でもあるピアニストの石塚まみさんのコンサートにゲーテ座に。
いつもはジャズやポップス中心のまみちゃんがクラシックに光をあて演奏。
温かい世界に包まれました。
天に召されたたくさんの命を思った二時間でした。
山手のこの場所は、異国の香りのする大好きな場所の一つ。
帰りに十番館でお茶。友人が頼んだオーソドックスなプリンアラモード。

f0346597_07313976.jpg

そう言えばこの頃あまりみかけないなぁ。私達の世代には、子供の頃の贅沢で豪華な外でしか食べられないおやつでした。
遠くなりゆく昭和の良き時代にもちょいと思いを馳せた一日。
改めて東日本大震災でなくなられた方そしていまだ行方不明な方に祈りを捧げました。

# by nakai_otf | 2017-03-12 07:20

大隈講堂

数週間前だったかちょっとした不祥事?!で良く母校早稲田大学がニュース画面に映し出されていました。
f0346597_14464308.jpg
私、見逃しませんでした。朗読劇「あん」の看板!
何気に宣伝になってるじゃんなんて思ったのですが、不謹慎だったでしょうか・・・。

29日大隈講堂で「あん」を上演しました。
この日は世界ハンセン病デーということで、ハンセン病問題支援学生NGO 橋ーQiao(チャオ)の皆さんのシンポジウム、
そして富永夏子さんの「ハンセン病を考えることは人間を考えること」という写真展も同時に開催しました。
大隈講堂で「あん」を上演するのはこれで2回目。
本当にこんな光栄なことはありません。学生時代は足を踏み入れることもできなかった大隈講堂の舞台に立つなんて本当に身が引き締まるとはこのこと。
f0346597_14584526.jpg
素敵な空間で「あん」を上演できる幸せをかみしめました。
もっともっと沢山の方にずっとずっと長くこの物語を届けて行けたらと思っています。
そしてシンポジウムで話しがでた、存続が危ういという噂の橋ーQiaoの皆さん、
中国ハンセン病快復村でのワークキャンプの様子のVTR素晴らしかった。
部員が増えて皆さんの活動がこれからも続いていきますように願っています。


f0346597_14582844.jpg



f0346597_14583250.jpg



ご来場いただいた皆様本当にありがとうございました。





# by nakai_otf | 2017-02-01 15:08

でっかーーーいかぶのおいしいシチュー

「おおきなかぶ」は皆さんにおなじみの絵本です。この物語を読まないで大きくなる人の方がすくないのではないかと思うほど、本当に長く読み継がれている人気の絵本の一つです。
いろいろなかたがいろいろな「おおきなかぶ」の絵本を出しておられますが、私が作った絵本の一冊にも「おおきなかぶ」があります。
これはアイルランドのニーアムシャーキーさんのデビュー作で、1999年には世界10カ国でそれぞれの国の言語に翻訳されて出版されました。
その日本語版を担当したのが私というわけです。
色使いのすてきな、とってもかわいい絵で、しつこいくらいたくさんの動物がかぶをひっぱります。
「おおきなかぶ」といえば「うんとこしょどっこいしょ」。
英語にこれはありませんでしたが、ひっぱるところにはこの日本語定番のかけ声を私の絵本にもいれました。
いまでもこの「おおきなかぶ」は私たち大人と子供のための読みきかせの会でしばしば上演する作品の一つです。
しかけいっぱいのパネルシアターで、みんなで大きなかけ声をかけてでっかーーーいかぶをひっぱってもらいます。
今週、うかがたった幼稚園でこんな嬉しいことがありました。
「今日は「おおきなかぶ」をみんなで聞くので給食のメニューはおねがいしてかぶのシチューにしてもらったんですよ」と先生。
子供たちの給食を見せていただきました。

f0346597_18094881.jpg

そして味見も。
おいしい!おいしい!
お話の世界が給食にリンクして、子供たちのおなかにも「おおきなかぶ」残ったかなーーー!
嬉しい給食でした。


# by nakai_otf | 2017-01-20 18:13
Copyright © Nakai kie. All rights reserved. This site was designed and coded by On the Field Inc.